下肢の後遺障害 その1│後遺障害認定各論│熊本の交通事故相談は林行政書士事務所へ、後遺障害等級認定から異議申立てまで対応

下肢の後遺障害 その1

下肢の後遺障害 その1

下肢とは、簡単にいうと
股から足先までのことです。

 

下肢の後遺障害は、上肢の後遺障害
の場合と同じく、基本的に骨折、脱臼
神経の損傷によって発症します。

 

下肢の場合も上肢と同じく
欠損障害と機能障害があります。

 

まず、下肢の欠損障害の場合
両下肢を膝関節以上で失った場合の
1級から

 

片足をリスフラン関節以上で失った場合の
7級まで

 

6段階で認定されることになります。

 

ちなみにリスフラン関節とは、
足のくるぶしのところから
足の指までの間のところを
いいます。

 

また、足の指のことを足趾というのですが
足趾についても欠損の程度に応じて

 

例えば

 

両足の足趾を全て失った場合は5級

 

片足の第3の足趾(中指のこと)以下の1または2
の足趾を失った場合には13級

 

など、6段階で認定されます。

 

 

次に、下肢の機能障害についてですが

 

下肢には、関節が3つあります。

 

股、膝、足

 

の3つです。

 

例えば、その3つの関節が完全に硬直して
またはそれに近い状態になっている場合

 

それが両足なら1級

 

片足なら5級

 

健康な方の足に比べ後遺障害が残っている
側の足が4分の3以下しか曲がらない
ということであれば12級が認定される

 

など4段階で認定されることになります。

 

長くなってきましたので

 

別ページにてその他、下肢に残った後遺障害で
どのようなものが認定されるのかを
紹介していきます。

 

熊本の交通事故相談を林行政書士事務所に問い合わせる

下肢の後遺障害 その1関連ページ

外見についての後遺障害
外見についての後遺障害│熊本の交通事故相談は林行政書士事務所へ、後遺障害等級認定から異議申立てまで対応
眼の後遺障害
眼の後遺障害│熊本の交通事故相談は林行政書士事務所へ、後遺障害等級認定から異議申立てまで対応
耳の後遺障害
耳の後遺障害│後遺障害認定各論│熊本の交通事故相談は林行政書士事務所へ、後遺障害等級認定から異議申立てまで対応
口の後遺障害
口の後遺障害│後遺障害認定各論│熊本の交通事故相談は林行政書士事務所へ、後遺障害等級認定から異議申立てまで対応
鼻の後遺障害
鼻の後遺障害│後遺障害認定各論│熊本の交通事故相談は林行政書士事務所へ、後遺障害等級認定から異議申立てまで対応
上肢の後遺障害
上肢の後遺障害│後遺障害認定各論│熊本の交通事故相談は林行政書士事務所へ、後遺障害等級認定から異議申立てまで対応
下肢の後遺障害 その2
下肢の後遺障害 その2│後遺障害認定各論│熊本の交通事故相談は林行政書士事務所へ、後遺障害等級認定から異議申立てまで対応
PTSD(心的外傷後ストレス障害)
PTSD(心的外傷後ストレス障害)│後遺障害認定各論│熊本の交通事故相談は林行政書士事務所へ、後遺障害等級認定から異議申立てまで対応
高次脳機能障害(各論)
高次脳機能障害(各論)│後遺障害認定各論│熊本の交通事故相談は林行政書士事務所へ、後遺障害等級認定から異議申立てまで対応

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 報酬額 事務所概要 お問い合わせ