上肢の後遺障害│後遺障害認定各論│熊本の交通事故相談は林行政書士事務所へ、後遺障害等級認定から異議申立てまで対応

上肢の後遺障害

上肢の後遺障害

上肢とは、簡単に言うと
肩から指先までの部分のことです。

 

すなわち、上肢は、鎖骨、肩甲骨
上腕骨、橈骨、尺骨の5つの骨で
構成されていることになります。

 

これらの骨の骨折、脱臼や神経麻痺
などにより、機能に障害が残った場合に

 

上肢の機能障害

 

として後遺障害認定されますし、

 

事故により、これらの部分を失った場合

 

上肢の欠損障害

 

として後遺障害認定されることに
なります。

 

欠損については

 

大きく上肢の欠損と手指の欠損に別れ

 

上肢の欠損については、その欠損の程度

 

要するに、肘関節以上で失ったか
手関節以上で失っているか
などの程度により

 

1級から5級が認定されることになります。

 

 

手指の欠損についても

 

その程度、要するに、両手の手指を全部失った
場合から、親指以外の手指の指骨の一部を失った
場合まで8段階に分けて認定されることになり
3級から14級までが認定されることになります。

 

 

上肢の機能障害については、多岐にわたるため
ここでは、後遺障害として認定される代表的な
ものを記載しておきます。

 

肩関節、肘関節、手関節、前腕の運動制限

 

これらは、動かなくなった程度に応じて
後遺障害等級が決まってきます。

 

 

 

次に、上肢に偽関節が残った場合

 

偽関節が残り、さらに運動障害など
の程度も加味して、7級から12級が
認定されます。

 

ここで、一点だけ注意なのですが

 

偽関節とは、骨折部の骨癒合が停止して、
異常可動域を示している状態です。

 

医師によっては、骨の一部が癒合していない
状態を偽関節というかもしれないですが、
ここでいう後遺障害においての偽関節とは

 

全てが骨癒合しておらず、異常可動性が認められる
必要があるということです。

 

 

次に上肢の長官骨の変形した場合
12級が認定されることになります。

 

また、肘、手関節の動揺関節と肩関節の
習慣的な脱臼についても10級もしくは
12級が認定されます。

 

最後に、上肢の人口骨頭や人工関節を
挿入置換した場合にも、その関節の
可動域角度により

 

8級もしくは10級が認定されること
になります。

 

熊本の交通事故相談を林行政書士事務所に問い合わせる

上肢の後遺障害関連ページ

外見についての後遺障害
外見についての後遺障害│熊本の交通事故相談は林行政書士事務所へ、後遺障害等級認定から異議申立てまで対応
眼の後遺障害
眼の後遺障害│熊本の交通事故相談は林行政書士事務所へ、後遺障害等級認定から異議申立てまで対応
耳の後遺障害
耳の後遺障害│後遺障害認定各論│熊本の交通事故相談は林行政書士事務所へ、後遺障害等級認定から異議申立てまで対応
口の後遺障害
口の後遺障害│後遺障害認定各論│熊本の交通事故相談は林行政書士事務所へ、後遺障害等級認定から異議申立てまで対応
鼻の後遺障害
鼻の後遺障害│後遺障害認定各論│熊本の交通事故相談は林行政書士事務所へ、後遺障害等級認定から異議申立てまで対応
下肢の後遺障害 その1
下肢の後遺障害 その1│後遺障害認定各論│熊本の交通事故相談は林行政書士事務所へ、後遺障害等級認定から異議申立てまで対応
下肢の後遺障害 その2
下肢の後遺障害 その2│後遺障害認定各論│熊本の交通事故相談は林行政書士事務所へ、後遺障害等級認定から異議申立てまで対応
PTSD(心的外傷後ストレス障害)
PTSD(心的外傷後ストレス障害)│後遺障害認定各論│熊本の交通事故相談は林行政書士事務所へ、後遺障害等級認定から異議申立てまで対応
高次脳機能障害(各論)
高次脳機能障害(各論)│後遺障害認定各論│熊本の交通事故相談は林行政書士事務所へ、後遺障害等級認定から異議申立てまで対応

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 報酬額 事務所概要 お問い合わせ