頸椎捻挫と腰椎捻挫│熊本の交通事故相談は林行政書士事務所へ、後遺障害等級認定から異議申立てまで対応

頸椎捻挫と腰椎捻挫

頸椎捻挫と腰椎捻挫

 

交通事故で最も多いのが、頸椎捻挫や腰椎捻挫です。

 

 

ですので、軽くではありますが

 

説明をしておこうと思います。

 

 

頸椎捻挫や腰椎捻挫は骨傷を伴わないので、

 

後遺障害に該当するかどうか

 

について怪しい状態になることが多いです。

 

 

 

一応、形式上は頸椎捻挫や腰椎捻挫の後遺障害は

 

12級13号

 

又は

 

14級9号に該当する可能性があるのですが、

 

 

後遺障害等級認定方法を知らないばかりに、
本来後遺障害等級が認められるにもかかわらず、
非該当となってしまう場合があります。

 

 

まあ、何度も言うとおり

 

 

後遺障害診断書の内容と、適切な検査、治療が
されてきたかどうかが関係しますので

 

それを知っていたかどうかが決め手にはなります。

 

 

 

そこで、今回は、頸椎捻挫及び腰椎捻挫で
後遺障害等級を認定されるのに必要な知識を書いておこうと
思っています。

 

まず

 

先ほど紹介した自賠責後遺障害等級表では、
12級13号と14級9号は次のように規定されています。

 

 

 

12級13号 「局部に頑固な神経症状を残すもの」

 

 

14級9号  「局部に神経症状を残すもの」

 

 

 

このように、両者は「頑固な」という単語だけが違うのですが

 

 

これは痛みが激しいかどうか、など

 

あなたがどう感じているかで分けられているものではありません。

 

 

12級と14級が具体的にどう違うのかについては

 

 

シビレなどの神経症状が交通事故の外傷によるものと
医学的に証明できるかどうか、証明できないかよって
区別されています。

 

 

要するに

 

 

 

医学的に証明できれば12級13号になるし、

 

証明まではできないが、医学的に推定できれば14級9号

 

 

となります。

 

 

まだ、わかりづらいかもしれないので

 

もう少し、ざっくり言うと

 

 

画像所見でわかれば12級13号

 

画像所見ではわからないが、神経学的検査をして
わかるのであれば、14級9号

 

どっちからもわからないなら
非該当

 

ということです。

 

 

 

ですから、ポイントは以下の3点になります。

 

 

@シビレなどの自覚症状があるかどうか

 

A画像所見(MRI画像による神経根圧迫所見など)でわかるかどうか

 

B神経学的検査による異常所見があるかどうか

 

 

 

もう少し詳しく説明すると

 

 

 

@の自覚症状は、基本的に後遺障害診断書の「自覚症状」
に記載されることになりますので、その記載内容から判断されます。

 

 

 

Aの画像所見についてはMRI必ず必要です。

 

MRIがない病院で最初の診断を受けるのは論外ですが、
なければ、他の病院ででも撮る必要があります。

 

 

B神経学的検査は、主に次のようなものです(あくまで参考です)

 

 

(頸椎捻挫について)

 

・スパーリングテスト

 

・ジャクソンテスト

 

・握力

 

・徒手筋力テスト

 

・筋萎縮検査

 

・知覚検査

 

・腱反射

 

などがあります。

 

 

 

(腰椎捻挫について)

 

・ラセーグテスト

 

・SLRテスト

 

・FNSテスト

 

・徒手筋力テスト

 

・腱反射

 

・知覚検査

 

・筋萎縮検査

 

・バレーサイン

 

などがあります。

 

 

もしも、これらのテストで異常所見があれば、
必ず後遺障害診断書に記載してもらわなくては
いけません。

 

 

 

あまりに重要なので、繰り返しておきますが、

 

事故当初からの定期的に撮影されたMRI画像は、
神経根圧迫状態などの経緯を観察するうえで、
重要な役割を果たします。

 

そのため、
できる限り早い内からMRIの撮影装置を常備した病院に
通院し、撮影してもらうようにしてください。

 

熊本の交通事故相談を林行政書士事務所に問い合わせる


ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 報酬額 事務所概要 お問い合わせ