個人情報保護法や同意書について│熊本の交通事故相談は林行政書士事務所へ、後遺障害等級認定から異議申立てまで対応

個人情報保護法や同意書について

個人情報保護法や同意書について

 

相手の保険会社があなたの治療費の支払い手続きをする際に

 

個人情報保護法とのからみで、そんな感じの説明をしたり

 

同意書に印鑑が欲しいとか言ってきます。

 

 

 

よくわからない書類に印鑑を押すのは、

 

 抵抗があります

 

 

という人がいるのですが、安心して押してかまいません。

 

 

基本的に、病院では、治療費を毎月末日に計算して
その月の分の診断書と診療報酬明細書を作ります。

 

それを翌月の10日くらいまでに保険会社に送付して
治療費の支払いを請求するという流れになっています。

 

 

診療報酬明細書や診断書にはあなたの個人情報が
含まれていますので、

 

あなたが、同意をしていない限り、
治療費の支払いに必要な、診療報酬明細書や診断書を
保険会社は送付してもらえないことになります。

 

 

ですので、そのために保険会社は同意書をもらわなくては
ならないわけです。

 

 

 

保険会社の担当者が、最初に持ってくる同意書は、

 

決して示談書などではなく

 

あなたの治療費の支払いのために必要な

 

診断書や診療報酬明細書を取り付けるために必要なものですし

 

その後、治療中にお願いされる同意書についても、

 

医療調査のためや画像を取り付けるために必要なものですので

 

印鑑を押してもかまいません。

 

 

特に、事故直後は疑心暗鬼になっていたり

 

相手の保険会社は加害者の仲間だから、何かいいように言って、
私をだまして印鑑を取り付けようとしているに違いない

 

みたいな、ナーバスな気分になっている被害者の方が多いので

 

書いておきました。

 

 

心配するほどのことはありません。

 

熊本の交通事故相談を林行政書士事務所に問い合わせる

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 報酬額 事務所概要 お問い合わせ