事故直後の治療費についての対応方法│熊本の交通事故相談は林行政書士事務所へ、後遺障害等級認定から異議申立てまで対応

事故直後の治療費についての対応方法

事故直後の治療費についての対応方法

 

あなたが、事故直後に怪我をして入院しているなら、
相手の保険の担当者が、あなたのところに訪問してくると思います。
(最近は、来ないで電話だけ、という場合も多いようです)

 

一番多いのが、けんかごしで対応する人や大きな声でわめいて
保険会社の担当者に対応を要求する人です(個室とか)。

 

 

交通事故の被害に遭って、さらには怪我までして
怒りをぶつけたい気持ちはわかるのですが

 

 

その保険会社の担当者は

 

事故の加害者ではない

 

 

わけです。

 

 

加害者の共犯とかでもありません。

 

あくまで、あなたの事故の対応をしに
病院まで来てくれているわけですから

 

最低限(というか、社会人として)まずは

 

 

お世話になります。お手数おかけしますが、
 よろしくお願いします。

 

 

くらいの挨拶はしてください。

 

なかには感じの悪い担当者がいることも知っています。

 

あなたが痛い思いをしているとか、車をぶつけてきた相手に
怒っている、そのうえ担当者の態度も悪くて気分が悪い

 

それは、痛いほどわかりますが

 

上記のような対応をしてしまっては、
最終的に損をするのはあなたです。

 

ですので、きちんと対応しておいてください。

 

交通事故の治療費に関しては原則「自由診療」となるので、
もしからしたら、保険会社の担当者からは、健康保険や労災保険の
適用の打診をされる可能性があるかもしれません。

 

 

交通事故と健康保険や労災保険の関係を説明しだすと
また、話が複雑になりすぎるので、ここでは説明しません。

 

 

とにかくそのような話が出てきた場合、今の段階では、

 

 

私は、事故の手続きはよくわかりませんが、
 こちらの負担なくきちんと治療をできるのであれば、
 かまいませんので手続きをお願いしておきます。

 

とだけ答えておけばかまいません。

 

熊本の交通事故相談を林行政書士事務所に問い合わせる

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 報酬額 事務所概要 お問い合わせ