関節が事故前より曲がらない場合│熊本の交通事故相談は林行政書士事務所へ、後遺障害等級認定から異議申立てまで対応

関節が事故前より曲がらない

関節が事故前より曲がらなくなった場合

 

ここでは関節が事故前より曲がらなくなった場合
について、説明しておきます。

 

簡単にですが。

 

 

関節が、事故前より曲がらなくなった場合も
後遺障害に該当します。

 

 

より、詳しく説明すると

 

 

上肢(肩、肘、手首)

 

または、

 

下肢(股関節、膝、足首)

 

の三大関節に可動域制限が生じてしまった場合は
後遺障害に該当することになります。

 

 

例えば、骨折などにより上肢あるいは下肢の関節が、
事故前のように動かなくなってしまう場合などです。

 

この場合、関節の機能障害として、
後遺障害等級の認定がなされますが、

 

何級に該当するのかで以下のように分かれています。

 

 

 

【8級に該当する場合】

 

 

関節の用を廃してしまった場合は8級です。

 

 

ちなみに関節の用を廃したと言えるためには、
次の要件が必要だといわれています。

 

 

@関節が強直している。

 

A完全弛緩性麻痺またはこれに近い状態になっている。

 

B人工関節・人工骨頭を挿入置換した関節のうち、
 その可動域が健側の可動域角度の2分の1に制限されている。

 

 

 

【10級に該当する場合】

 

 

悪い方(患側)が、良い方(健側)の可動域角度に対して、
2分の1以下に制限されている場合は10級に該当すること
になります。

 

 

 

【12級に該当する場合】

 

 

悪い方(患側)が、良い方(健側)の可動域角度に対して、
4分の3以下に制限されている場合。

 

 

要するに、関節が曲がる角度によって

 

あまり曲がらない場合が12級

 

半分も曲がらなくなった場合が10級

 

ほぼ曲がらなくなった場合が8級です。

 

 

 

ちなみに、可動域角度は、後遺障害診断書を
書く際に、主治医や理学療法士が角度を丁寧に測りながら
書いていくのが普通です。

 

 

その後遺障害診断書に書かれた「他動」部分で判定することになります。

 

 

ですので

 

 

もしあなたが、関節の可動息制限で後遺障害の認定をするのであれば

 

出来上がってきた後遺障害診断書の中の「他動」の箇所が

 

「右」「左」両方きちんと記載してあるか、確認してください。

 

熊本の交通事故相談を林行政書士事務所に問い合わせる


ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 報酬額 事務所概要 お問い合わせ