所在証明書が必要な場合│熊本の車庫証明代行なら林行政書士事務所

所在証明書が必要な場合│熊本の車庫証明代行なら林行政書士事務所

所在証明書が必要な場合

所在証明書とは、法人様が自動車を取得する場合に
本社以外で使用する場合に必要となります。

 

その施設が存在することを証明する書類ということになります。

 

 

所在証明書に関しては、

 

 

使用の本拠(どこでその車両をしようするのか)

 

 

の位置を確認できるものであればよく、

 

印鑑証明書商業登記簿謄本を提出するのが一般的です。

 

 

ただ、支店や工場などで使用する車両の場合

 

その支店や工場が登記されていないことで
印鑑証明書や商業登記簿謄本が用意できない場合も
あると思います。

 

その際は

 

その支店や工場で使用している電気ガス水道料金などの公共料金の領収書、郵便局の消印のついた郵便物などでもかまいません。

 

(その支店や工場名、住所が記載されている必要はあります)

 

いずれもコピーでも大丈夫です。

 

郵便物の場合は、消印の日付が明確で、3カ月以内のものを準備した方がいいと思います。

 

 

【注意】 領収書や郵便物が準備できない場合

 

この場合、「申立書」を警察署へ提出することになります。

 

内容は

 

「当社は、会社登記上営業所での登記ができず印鑑証明書が取れません。

 

 しかし、同所で事業を行っており、車の使用の本拠として車を登録して、
 使用することは間違いありませんので、自動車保管場所としての証明の許可を
 お願いいたします。」

 

というものです。

 

私の事務所には雛形がございますので、その際は事前にご連絡をお願いします。

 

(本社から印鑑をもらわないといけないため)

 

 

熊本の車庫証明代行なら林行政書士事務所

所在証明書が必要な場合│熊本の車庫証明代行なら林行政書士事務所関連ページ

車庫証明の自認書(保管場所使用権原疎明書面)について
車庫証明の自認書(保管場所使用権原疎明書面)について│熊本の車庫証明代行なら林行政書士事務所へお任せください。対応地域は、熊本市、合志市、菊陽町、大津町、菊池市、山鹿市。県外からのご依頼にも対応。詳しくは今すぐこちらをクリック。
車庫証明の保管場所使用承諾証明書について
車庫証明の保管場所使用承諾証明書について│熊本の車庫証明代行なら林行政書士事務所へお任せください。対応地域は、熊本市、合志市、菊陽町、大津町、菊池市、山鹿市。県外からのご依頼にも対応。詳しくは今すぐこちらをクリック。
車庫証明の所在図・配置図の書き方
車庫証明の所在図・配置図の書き方│熊本の車庫証明代行なら林行政書士事務所へお任せください。対応地域は、熊本市、合志市、菊陽町、大津町、菊池市、山鹿市。県外からのご依頼にも対応。詳しくは今すぐこちらをクリック。
車庫証明の代行費用について
車庫証明の代行費用について│熊本の車庫証明代行なら林行政書士事務所へお任せください。対応地域は、熊本市、合志市、菊陽町、大津町、菊池市、山鹿市。県外からのご依頼にも対応。詳しくは今すぐこちらをクリック。
平成28年熊本地震により公費解体中の敷地で車庫証明が取れるか?
平成28年熊本地震により公費解体中の敷地で車庫証明が取れるか?について解説します。今すぐこちらをクリック。熊本の車庫証明代行なら林行政書士事務所。

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 対応業務一覧 報酬額一覧 お問い合わせ