熊本の車庫証明代行なら林行政書士事務所

熊本の車庫証明代行なら林行政書士事務所

車庫証明でお困りではありませんか

 

 

初めまして

 

私は熊本県合志市で行政書士事務所をしている
林 誠 といいます。

 

 

熊本の車庫証明代行をしている行政書士

 

 

行政書士 林 誠

 

林行政書士事務所代表

 

熊本県行政書士会所属

 

日本行政書士会連合会登録番号第06431290号

 

熊本県行政書士会会員番号第2097号

 

 

 

 

 

熊本での車庫証明代行なら林行政書士事務所へお任せください。

 

対応地域は、

 

熊本市、合志市、菊陽町、大津町、菊池市、山鹿市。

 

県外からのご依頼にも対応しています。

 

おそらく気になるのは代行を頼まれた場合の費用だと思います。

 

車庫証明の代行にかかる総費用

 

 

普通車の場合  13,000円(税込み)

 

軽自動車の場合 10,000円(税込み)

 

 

 

実費、報酬を全て含む額となり、お振込みをいただく額のことです。

 

※振り込み手数料はご負担をお願いいたします。

 

※上記は車庫証明代行手続きを下記地域で行う場合の総費用です。

 

 

  熊本県熊本市、合志市、菊陽町、大津町、菊池市、山鹿市

 

  (提出警察署は熊本中央警察署、熊本北合志警察署、熊本東警察署、熊本南警察署

 

   大津警察署、山鹿警察署、菊池警察署となります。)

 

 

 

  【注意】

 

  県外の行政書士事務所からご依頼をいただく場合には、報酬体系が異なります。
  詳しくはこちらをご覧ください。

 

ご依頼が完了するまでの流れ

 

あなた 

林行政書士事務所へ今すぐ電話して下さい。

 

(電話番号 096−247−7171

 

 

処理日数やお急ぎかなど
軽い打ち合わせをさせていただきます。

 

あなた

 

1.委任状の作成

 

 こちらから右クリックでダウンロードし
 「住所」「名前」必要事項を記入し、印鑑を「押印」して下さい。

 

2.書類の郵送

 

@委任状と合わせて

 

 

A車検証のコピー

 

 ※熊本県での申請は車台番号が必要なため

 

(買替・廃車等、車庫入替の場合は旧車分の車検証と保管場所標章番号も必要です)

 

 

B住民票の写し又は印鑑証明書のコピー

 

保管場所の所有者、所在地の情報 として

 

C所在図及び配置図
 (詳しくはこちらをクリック

 

D自認書又は使用承諾書(記入・押印済の物)
 (詳しくはこちらをクリック

 

の合計5点を林行政書士事務所まで郵送して下さい。

 

※法人様で本社でない場所で使用する場合には、所在証明書が必要になります。

 

 

郵送先 〒861−1103

 

    熊本県合志市野々島3306番地

 

    行政書士林事務所

 

3.総費用の振込み

 

総費用(普通車の場合、13,000円、軽自動車の場合、10,000円)をこの段階で私の事務所にお振込みください。

 

振込先 ジャパンネット銀行

 

    本店営業部 普通口座 2890124

 

    ハヤシ マコト

 

 

私の事務所

 

1.上記書類が届いたら、残りの書類の作成及び
  足りない部分の記載を埋めます。

 

 

2.警察署へ持参し、申請を受理してもらいます。

 

 

熊本の警察署は翌々日に処理が終わりますので

 

3.私の事務所が警察署に再度出向き

 

  「証明書類とステッカー」を

 

  受け取ってきます。

 

 

4.「証明書類とステッカー」をあなたにレターパックという
  配送状況が確認できるサービスを使って郵送します。

 

以上が車庫証明代行を私の事務所にご依頼いただいた場合の
すべての流れとなります。

 

全ての工程を考えてご依頼からお手元に車庫証明が
来るまで「5日間」程度をみておいていただければと思います。

 

熊本の車庫証明代行のお申込はこちらまで

 

 

少しでも、不安な点や疑問点があるなら

 

 

今すぐ林事務所までご連絡ください。

 

電話番号 096−247−7171

 

 

私が直接対応させていただきます。

 

 

熊本での車庫証明代行の対応地域と管轄警察署

 

警察署 管轄区域
大津警察署 大津町、菊陽町
菊池警察署 菊池市
山鹿警察署 山鹿市
熊本北合志警察署

合志市

 

熊本市北区

 

麻生田、改寄町、池田、和泉町、植木町、兎谷、打越町、大窪、大鳥居町、梶尾町、鹿子木町、釜尾町、北迫町、楠、楠野町、黒髪、黒髪町大字坪井、小糸山町、清水岩倉、清水亀井町、清水新地、清水東町、清水本町、清水町大字打越 、清水町大字松崎、清水町大字室園、清水万石、下硯川、下硯川町、硯川町、高平、龍田、龍田陳内、龍田町弓削、龍田弓削、太郎迫町、津浦町、鶴羽田、鶴羽田町、徳王、徳王町、西梶尾町、楡木、乗越ケ丘、八景水谷、飛田、飛田町、万楽寺町、貢町、武蔵ケ丘、室園町、明徳町、山室、四方寄町、立福寺町

熊本中央警察署

熊本市中央区

 

安政町、井川淵町、内坪井町、大江(1丁目、2丁目[1番〜7番]、3丁目〜6丁目) 、大江本町、岡田町、上鍛冶屋町、上通町、上林町、辛島町、河原町、北千反畑町 、京町、京町本丁、草葉町、九品寺、黒髪、慶徳堀町、紺屋今町、紺屋町、子飼本町 、国府(1丁目[4番1号、4番24号〜69号、6番1号〜10号、6番47号〜50号] 2丁目[1番、5番、6番53号〜113号、16番]、3丁目、4丁目)、国府本町、壺川 、桜町、下通、城東町、新大江(1丁目[1番〜6番])、新鍛冶屋町、新市街、新屋敷 、水道町、菅原町、船場町、船場町下、千葉城町、中央街、坪井、手取本町、通町 、西子飼町、二の丸、白山、花畑町、東子飼町、古川町、古京町、本丸、松原町 、南千反畑町、南坪井町、妙体寺町、室園町、薬園町、山崎町、横紺屋町、練兵町熊本市西区 、池亀町、池田、上熊本、京町本丁、津浦町、出町、花園、稗田町

熊本南警察署

熊本市中央区

 

板屋町、魚屋町、鍛冶屋町、川端町、紺屋阿弥陀寺町、小沢町、古城町、琴平、琴平本町、呉服町、米屋町、細工町、島崎、十禅寺、十禅寺町、新町、段山本町、中唐人町、西阿弥陀寺町、西唐人町、萩原町、八王寺町、春竹町大字春竹、東阿弥陀寺町、古桶屋町、古大工町、平成、本荘、本荘町、南熊本、宮内、迎町、本山、本山町、弥生町、横手、世安町、万町

 

熊本市西区

 

池上町、沖新町、小島、小島上町、小島下町、春日、上代、上高橋、河内町大多尾、河内町面木、河内町河内、河内町白浜、河内町岳、河内町東門寺、河内町野出、河内町船津、島崎、城山大塘、城山上代町 城山下代、城山半田、城山薬師、新土河原、新港、高橋町、田崎、田崎本町、田崎町、谷尾崎町、戸坂町、中島町、中原町、二本木、野中、松尾町上松尾、松尾町近津、松尾町平山、八島、八島町、横手、蓮台寺

 

熊本市南区

 

会富町、荒尾、荒尾町、出仲間、今町、海路口町、薄場、薄場町、内田町、江越、奥古閑町、上ノ郷、刈草、川口町、川尻、合志、幸田、護藤町、島町、十禅寺、白藤、白石町、砂原町、銭塘町、田井島、田迎、田迎町大字田井島、田迎町大字良町、近見、近見町、土河原町、鳶町、富合町榎津、富合町大町、富合町御船手、富合町硴江、富合町上杉、富合町清藤、富合町木原、富合町小岩瀬、富合町莎崎、富合町古閑、富合町国町、富合町菰江、富合町志々水、富合町釈迦堂、富合町新、富合町杉島、富合町田尻、富合町西田尻、富合町平原、富合町廻江、富合町南田尻、中無田町、並建町、野口、野田、畠口町、八王寺町、八分字町、浜口町、日吉、平田、平成、孫代町、馬渡、美登里町、南高江、南高江町、御幸木部、御幸木部町、御幸西、御幸西無田町、御幸笛田、御幸笛田町、無田口町、元三町、八幡、良町、流通団地

熊本東警察署

本市中央区

 

出水、江津、大江(2丁目[8番〜20番])、帯山、上京塚町、上水前寺、神水、神水本町、国府(1丁目[4番1号、4番24号〜69号、6番1号〜10号、6番47号〜50号を除く]、2丁目[1番、5番、6番53号〜113号、16番を除く])、湖東、三郎、新大江(1丁目[7番〜27番]、2丁目、3丁目)、水前寺、水前寺公園、渡鹿、東京塚町、保田窪

 

熊本市東区 全域

 

菊池郡 大津町[熊本空港の範囲]、菊陽町[熊本空港、同空港の誘導路に隣接する空港外の施設並びに同空港に隣接する国土交通大臣の管理地及び熊本空港給油施設株式会社の範囲]

 

上益城郡 (益城町[熊本空港、同空港の誘導路に隣接する空港外の施設及び同空港に隣接する国土交通大臣の管理地の範囲])

 

車庫証明とは

 

 

車庫証明書とは、自動車の保管場所を確保していることを証明する書面のことをいいます。
わかりやすく言うと、この車の車庫はきちんとあります、ということを警察に証明してもらう書類といっていいでしょう。
ちなみに正式名称は、自動車保管場所証明書と言います。車庫証明書の交付を受けるには、保管場所(車庫)の住所を管轄する警察署に申請を行い、保管場所の確認を取ってもらわなければなりません。

 

 

どんな時に車庫証明の手続きをしないといけないのか

 

 

車庫証明がない場合には、運輸支局での自動車の登録手続きができません。つまり、新車や中古車を購入したり、知り合いから自動車をもらったりした場合には車庫証明を警察署で取った上ででないと、運輸支局で自動車の名義をあなたに移せないということになります。
これは、車庫法第4条2項で警察署で車庫証明を取らない限り、運輸支局における自動車登録手続きができないと規定されているからです。

 

つまり、車庫証明の取得手続きが必要となる場合として、
@新規に普通自動車を購入した場合(新規登録時
A結婚や引越しなどで普通自動車の所有者の氏名や住所が変更した場合(変更登録時
B自動車の売買や譲渡によって普通自動車の所有者が変わった場合(移転変更
などがあります。

 

 

車庫証明の手続きの必要書類

 

 

車庫証明を発行してもらう手続きについては、基本的には以下の4つの書類を警察署に提出する必要があります。
5つありますが、車庫に使う土地が自分のものなら自認書、他の人のものなら保管場所使用承諾証明書を提出することになるため、どちらか1つの提出だけで足ります。
車庫証明の申請に必要な下記の書類は、管轄している警察署の窓口に行けば一式をくれます。また、インターネットからダウンロードしたものでも大丈夫です。

 

1.自動車保管場所証明申請書
2.保管場所標章交付申請書
 ※ 1と2は4枚綴りの複写式になってます。
3.所在図・配置図
 ※ 車庫の住所やその土地のどこを車庫にするのか説明する書類です。
4.自認書(保管場所使用権原疎明書面)
 ※ 車庫として利用する土地は自分のものだから問題ないと証明する書類になります。
5.承諾書(保管場所使用承諾証明書)
 ※ 車庫として利用する土地は許可をもらっているから問題ないと証明する書類になります。

 

 

車庫証明の手続きの手数料

 

 

車庫証明を警察署に申請するときに必要となる手数料は、普通車の場合は2,750円、軽自動車の場合は550円です。
普通車の場合には、警察署への申請時に2,200円を支払い、手続きが終わって後日、車庫証明書を受け取るときに550円を支払うことになります。

 

 

熊本の車庫証明の申請先、受付時間

 

 

車庫の住所によって異なりますが、熊本県北の場合は熊本中央警察署、熊本北合志署、熊本南警察署、熊本東警察署、菊池警察署、大津警察署、山鹿警察署、玉名警察署、御船警察署、宇城警察署が申請先になります。
受付時間は午前8時30分から午後5時15分までです。

 

 

車庫証明の手続きをしないとどうなる

 

 

車庫証明については「自動車の保管場所の確保等に関する法律」第17条と第18条に罰則の規程があります。ですので、車庫証明の手続きをしない場合や嘘の申請をした場合には処罰されることになります。

 

具体的には、保管場所(車庫)を届けていない場合や虚偽の届出をした場合には、10万円以下の罰金となります。
この場合は、違反点数などは発生しません。

 

 

 

車庫として認められる場所の条件

 

 

車庫として申請すれば、どこでも認められるわけではありません。車庫として認められる条件としては以下の3つがあります。

 

@自動車の使用の本拠の位置から、保管場所が2キロメートル以内にあること。
 (これは地図上での直線距離で2キロメートル以内ということです)
A保管場所は、道路から支障なく出入りができ、自動車の全体を収容できること。
B自動車の保有者が、自動車の保管場所として使用する権利を持っていること。
 (自分の土地であるとか、車庫として使っていいとの許可をもらっている場合です)

 

熊本で車庫証明の必要な地域、不要な地域

 

 

基本的に熊本県では車庫証明は必要ですが、必要のない地域も例外的にあります。
例えば、菊池市の旭志地域(旧菊池郡 旭志村の地域)は普通自動車の車庫証明は要りません。熊本市や合志市は全域で必要です。

 

 

熊本での軽自動車の車庫証明について

 

 

軽自動車であっても車庫証明が必要な場合があります。
軽自動車の場合には「車庫届出」といいます。基本的に熊本県で軽自動車の車庫証明が必要な地域は「熊本市」と「八代市」だけです。
ただし、熊本市の中でも南区の城南町と富合町は適用除外地域なので要りません。(旧下益城郡 富合町、城南町の地域)
また、北区の中の植木町も適用除外地域ですので要りません。(旧鹿本郡 植木町の地域)。

 

軽自動車の車庫証明書は普通自動車の車庫証明と申請書の様式が違うので注意が必要です。
また、車庫証明が出来上がるまでの時間もかなり短く(ほぼ即日)違いがあります。

 

 

 

熊本の車庫証明代行なら林行政書士事務所記事一覧

車庫証明の自認書(保管場所使用権原疎明書面)について

車庫証明の申請には自認書もしくは使用承諾書のどちらかを添付する必要があります。自認書とは自認書は駐車場が自己所有の土地の場合に使用します。正式名称は保管場所使用権原疎明書面(ほかんばしょしようけんげんそめいしょめん)と言います。使用承諾証明書とは保管場所使用承諾証明書は車の使用者と駐車場の名義が違う...

≫続きを読む

 

車庫証明の保管場所使用承諾証明書について

車庫証明の保管場所使用承諾証明書は、自分の土地以外の場所を車庫として車庫証明の申請を行う場合に必要になります。ですので、月極等で駐車場を借りている場合は、駐車所の管理会社もしくは大家さんに必要箇所の記入をしてもらう必要があります。また、実家の土地の一部を車庫として利用する場合にはその土地の所有者(親...

≫続きを読む

 

車庫証明の所在図・配置図の書き方

所在図・配置図はこちらからダウンロードできますので「右クリック」⇒「対象を保存」でダウンロードしてください。PDFファイルです。まずは、左側の所在図記載欄です。これは自宅と駐車場の関係、駐車場所がどこにあるのかを記載することになります。私の事務所で作成をするので記載は不要です。次に、右側の配置図記載...

≫続きを読む

 

車庫証明の代行費用について

林行政書士事務所への報酬額のお支払いにつきましては、原則として報酬・実費を全額前金で頂きます。ディーラー様、法人事業者様からのご依頼に関しては柔軟に後払い等に関しても対応致します。お気軽にお問い合わせください。車庫証明の代行にかかる総費用費用普通車の場合軽自動車の場合証明申請手数料(届出申請手数料)...

≫続きを読む

 

所在証明書が必要な場合│熊本の車庫証明代行なら林行政書士事務所

所在証明書とは、法人様が自動車を取得する場合に本社以外で使用する場合に必要となります。その施設が存在することを証明する書類ということになります。所在証明書に関しては、使用の本拠(どこでその車両をしようするのか)の位置を確認できるものであればよく、印鑑証明書、商業登記簿謄本を提出するのが一般的です。た...

≫続きを読む

 

平成28年熊本地震により公費解体中の敷地で車庫証明が取れるか?

もしもあなたが・熊本地震で半壊以上の罹災証明が発行されている・公費解体により今現在、更地である・みなし仮設に住んでいるが住民票を移してない (もしくは移しているが駐車場の契約が無い)・車輌の買い替え、購入をしなければならない状況にあるということであれば、その更地の状態で「車庫証明」の取得はできるのか...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 対応業務一覧 報酬額一覧 お問い合わせ